大学生は暇じゃない!短期で手軽なスキルを身につけるべき。

f:id:daikeiobachan:20170410011226j:plain

以前の記事大学生ってめっちゃモラトリアムだよね」みたいなことを書きました。 

教授からこの間言われたことで、就職業界では定番みたいなんですが、面接で学生に聞く質問として、「大学生活の中で何に打ち込んだか」ということがよく聞かれるそうです。

もちろん勉強することが大学生の第一の目的で大切なことなんですが、それは前提のこととして企業は質問していますから、何か他のことを答えられた方がベストです。

今回は大学生が学生生活のうちに身に付けておくべきことについて。

”人”を売り込むなら何でもOK

就職を考えた場合、自分という人間を企業に売り込んでいくことはとても大切です。というか、それが就職活動そのものとも言えますよね。

自分という人間の中身を売っていくためには、どんな活動でも構わないと思います。

例えばサークルに入って自分の好きなことを追求し続けたとか、ボランティア活動に参加したとか、何でもいいと思います。

どんなことをやるにしても、人柄っていうのはその活動に対して、やっぱり何かしらの影響を与えるものですから、企業側にも十分に伝わると思います。

学歴は就職にどれくらい影響するか?

僕は企業側の知識は全く持ち合わせていないので、ここからの話はあくまでも想像になってしまいますが。

ある程度は学歴で線引きをするということはあると思います。

これはやっぱりどうしてもあると思うんですよね。よく言われることですが、日本ではとりあえず企業に入ってから自分のスキルを伸ばしていくんです。そのためにある程度の地頭力を測らなければならない。そうすると結局、学歴に頼らざるを得ない。

一方でアメリカなどでは、就職をするにしても、その中で自分の適性を探していって、場合によってはまた大学に入り直したりもします。

もちろん極論的に日本はこうで、アメリカはその真逆だとか、そういうことではありません。でもやっぱり志向的にはそんな気がします。どっちが良い悪いではありませんがね。

高学歴は積極性と比例している

あくまでも僕の意見ですが、学生起業家なんかはやっぱり慶應・早稲田出身の人が多い気がします。それって環境ももちろんあるとは思います。OB・OGがそうだとか、親も同じだとか。

でも積極性という部分もあると思います。

自分から能動的に「◯◯をやってみたい!」という、いわゆる知的好奇心とかそういうものが強くあると思うんです。

積極性はスキルに繋がる

大学教育って、正直言ってあんまり実践的ではありません。

もちろんあらゆることにおいて、基礎というのはすごく大事ですし、それをやらないわけにはいきませんよね。

だから自分から先取りするんです。

積極性のある人は、現場で役に立つような・即戦力になるようなスキルを、大学生のうちから自発的に身につけていきます。

そして学歴と積極性にはある程度の相関があると思うので、結果的に高学歴の人が就職の際に有利になると、そんな気がします。

学歴が直接的に選考に作用しているわけではなくて、その積極性から生み出されたスキルが作用しているんです。これが今日言いたかったこと。

大学までで基礎的・根本的なことを学び、いきなり就職して現場で働くというのはちょっと厳しいと感じませんか?もちろん研修期間などはあるとは思いますが、それでも日本のシステムってこんな感じだと思います。

じゃあスキルを身に付けよう

僕が具体的におすすめをするなら、Webとかプログラミングの界隈です。

今後、あらゆるモノの情報化というのは益々進んでいきますから、そのプラットフォームであるWebやプログラミングを扱えるというのは確実に武器になると思います。

更に最近ではこういったパソコン系のスキルの勉強のための無料サイトがかなり普及していたり、学生や企業による勉強会なんかも開催されているので、一昔前に比べて、かなりとっつきやすいということも挙げられます。

まとめ

大学生で、「ああ暇だなあ、でも勉強したくないしなあ」という人は、普段の勉強はしないまでも、ぜひこういった”実践的な”勉強をおすすめします。将来の自分に直結するようなことですから、比較的やる気も出やすいと思いますよ。

こちらもどうぞ

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/parttime_blog

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/blog_read_confo

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/theory_of_media

広告を非表示にする