大学以上の学問を独学する方法【数学】

以前にこの記事で大学の数学を勉強する(僕なりの)意味について書きました。(大学の数学を独学で勉強し始めた理由 - 台形おばちゃん/Trapezoid Lady)今回は実際に僕がどんな本を使って勉強しているのかを紹介します。

リソースは正直言うと何でもいい

最近はネットで調べれば大抵のことはわかりますけど、やっぱり軸足は本に置いて勉強したいなと。てことで参考書を探しに書店に行くと、まあ種類が多すぎてとてもじゃないけど選べないんですよね。同じ微分積分の本でも「やさしく」とか「理工系の」とか、かなりバリエーション豊富です。でも今から勉強する内容なわけですから、中身を見ても情報の優劣なんてわかりません。だから正直言うと勉強する時のリソース(情報源)は何でもいいと思います。基本的に全部正しいことが書いてある(はずです)。

マセマとの出会い

僕がメインで使っている参考書が、マセマのキャンパス・ゼミシリーズです。最初にマセマを知ったのは高校生の時で、ある日教室の自分の机の中に何故かマセマの広告(実際の参考書に折り込まれているよくありがちな宣伝用の小冊子)が入っていて「なんだこの怪しい(カルト的な)教材は」と思いました。でもその時はそれっきりでしたね。(そもそも誰が入れたんだろう…)

ここに挙げているのは微分積分線形代数ですが、他にも大学数学の分野の基礎的なものは取り扱われています。

なぜマセマを選んだのか

なんとなくです(笑)。前段でも言いましたが、どの参考書が良いかなんて使ってみないとわかりません。もちろん、以前から(高校生の時点で)知っていた参考書というのもありますし、マセマは元々大学院入試用の参考書として有名で、(真偽は別として)本の帯なんかにも名だたる有名大学の名前とともに「(大学院入試に)ホントに役に立ちました」的なメッセージが載っています。だからまあ大丈夫そうかなと。

本だけに頼らないで

マセマの参考書は図解もそれなりにあって比較的わかりやすい部類だと思いますが、やっぱりそれなりに難しいです。直感的に理解できるところもあれば、考えてもなかなかわからないものも当然あると思います。ですから、軸はマセマに置いて、わかりにくいと感じた部分は、その都度ネットを使って調べたり、あるいは詳しい人に聞いたりするべきだと思います。これはおそらくどの参考書を使っても陥る事態だと思うので、まあ地道にやりましょう。

学習は理解重視で

これは勉強をする目的にもよりますが、大学院入試などに特に関係なく勉強していて、また復習ではなく初学者に当たる僕にとっては、演習量よりも理解が先決だと思っています。まずは問題を解くことよりも、定理の証明などを理解することを大切にしてください。

地道に続ける

数学に限らず、大学やそれ以上の機関でやるような内容を独学しようとした時に「どうやってやればいいかわからない」っていう状態になって、モチベーションを失うことって結構あります。僕もそうです。パソコンのこととかも調べても結構わからないことだらけです。でもそこは地道にやるしかありません。高度な内容になればなるほど、難しい文献を漁っていかなければならないと思います(場合によっては英語文献とかも)。それでも日々の着実な進歩が大切だと思います。

まとめ

今回は数学のことについて書きましたが、他の学問についても同様だと思います。大切なことは様々なリソースを利用することです。一つのリソースでわかりにくいところは他で補っていきながら地道に学習しましょう。

広告を非表示にする