読みやすい記事を書くには?一ヶ月書いてみた反省。

f:id:daikeiobachan:20170403043118j:plain

ブログを書き始めて一ヶ月が経過しました。

最初の数週間はただただ書き続ける日々。もともと文章を書くのは苦手な方なので、とにかく思うままに書いていました。タイピングはちょっと早くなった(気がする)。

で、なんとなく自分の中で書き方が固まってきたので(暫定ですけど)記事にしてみます。

目次をつける

まあ基本中の基本なんですが。

僕は基本的にアイキャッチ画像の後に導入をちょこっと書いて、その後に目次を置いています。

目次の開閉をjqueryやら何やらで設定できるみたいなんだけど、難しそうだから先延ばしにしてます(笑)。

適度に改行する

しばらく書き続けてから、他のブロガーさんを訪問することを覚えたんですが、他ブログを読んだあとに自分のブログに戻ってきたら

まあ読みづらい(笑)。

まあ原因はすぐ分かって、要するに目次は付けていたんだけど、

段落分けがなかった。

それぞれの見出しの下に(読む気が失せるほどの)文の塊がボンって。これじゃあ読みづらいなと。結構自己満だったなと。

それ以降は結構改行を多用してます。

人によっては逆に読みづらいのかもしれないけど、個人的にはこれでしっくりきた。でもやっぱりお堅い内容を書く時にはちょっと長めにはなります。

適度に太字にする

大見出しだけでなく、文中に適宜に太字を入れることによって読みやすくなった気がする。これは多分「終わりを見せる効果」になってると思う。

つまり太字が現れるたびに区切りがあるように感じて、あまり長い文章を読んでる感じがしない(気がする、ていうかそもそも記事がそんな長くないか)。短距離走を繰り返す感じ。15分ずつ勉強する感じ。そんな感じ。

日本語として読みやすく

これは僕は普段から(知人とのLINEとかでも)気をつけてるんですけど、例えば意味が曖昧になりそうなところは漢字にして意味を確定させるとか。極端に言うとひらがなだけの文章ってめっちゃ読みづらいですよね。だからいい具合に漢字を使って読ませやすくすると。これって日本語特有ですよね。(英語とかはこんなことない)

個人的なルール

1000字は超えたい

これはまあ読みやすさとはあんまり関係ないけど。一応自己ルール。ていうかよく言われる話で、短すぎる記事を量産してもGoogle的にあまりよろしくないというウワサが。

はてなブログは編集画面の右下に文字数がリアルタイムで出るから結構便利です。

ちなみにこちらの記事で大学生にブログを書くことを薦めています。

構成は書きながら考える

まあ僕が文章書くの下手くそなので、書く前に構成考えたりとかできないんです(笑)。すごいブロガーの人なんかは、日常の中でブログネタを考え、構成を考えという人もいますが、ちょっと僕には厳しいです。

とりあえず書き始めて、書きながら考えます。

でもこのやり方でも定着してきたら結構なんとかなります。”慣れないうちはとにかく書くべし”ですね。

まとめ

まあ言ってもまだ一ヶ月なんでこれから色々変わっていくかもしれませんが、一応現状はこんな感じです。まだまだ読んでくださる方は少ないですが、所詮は一般人の日記ですからね(笑)。ポジティブに続けていこうと思います。

こちらもどうぞ

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/parttime_blog

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/profile_big

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/stress_relieve

広告を非表示にする