読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GoogleのCMで一躍有名に!Banvoxをまとめてみた

banvoxとは2011年頃から活動しているトラックメイカー。2015年にAndroidのCMに自身の楽曲「New Style」が起用され、結構有名になりました。この記事では、彼の楽曲や活動の変遷について書いてみます。

f:id:daikeiobachan:20170330182101j:plain

(画像の引用元:https://twitter.com/banvox

音楽への熱が異常

彼は高校二年生の時に、学校に馴染めなかったことなどから退学をしています。母子家庭で育った彼にとって、退学してしまったことは、独りで育ててくれた母親にとても申し訳ない思いだったそうです。また高校で東京に来るまでは、香川県の全寮制の中学校に通っていたそうで、そこではゲームやマンガなどの娯楽が認められておらず、その頃から音楽(特に洋楽ラップやR&Bなど)を聴くことにハマっていったようです。高校を退学してから、何とかして生きていかなければならないと思い、自身のバックグラウンドから、一念発起して音楽を作り始めたそうです。その熱意は正に異常で、最初の一年間で450もの楽曲を作ったそうです。最初は当然なかなか上手くいかなかったそうですが、諦めずに頑張れる、その熱意がとても素晴らしいですよね。

一年後の「Intense Electro Disco」による鮮烈な登場

諦めずに曲を作り続けて一年、この「Intense Electro Disco」という曲は、それまで日本では特にあまり聞き馴染みのないような、圧倒的に新鮮な曲で、今では「complextro(複雑なエレクトロ)」というジャンルに当たるものですが、とにかく曲の展開が激しくて激ヤバです。実際に聞いてみるとわかると思います。([Complextro] Banvox - Intense Electro Disco - YouTube)彼はこれ以降この複雑な展開を軸に楽曲を作成していきます。

AndroidのCMで一躍有名になった「New Style」

この曲は後の「Watch Me」と並んで、個人的には一番ヤバい曲です。基本は4つ打ちなんですけど、裏で鳴っているメロディーによって、曲のスピード感が変わってくるんですよね。これが聞いてて本当に不思議な感じなんです。このあたりから彼自身のメディア出演も多くなってきて、自身について語ることが多くなってきていますね。彼の最大の目標の一つは、「Banvox」という曲のジャンルを作ることだそうです。

最近は少し洋楽に引っ張られてるかな?

これは完全に僕の私見なんですけど、「New Style」や「Watch Me」なんかに比べると、最近の曲は(まあヤバいはヤバいんですが)少し洋楽の潮流に引っ張られてるかなという感じがします。多くのトラックメイカーは自身のシンセサイザーのプリセットなんかを、いろんな楽曲に使いまわしていて、それが各人の個性だったりするわけなんですが、彼も同じように、自身の曲の中に、「Banvox」というVoiceを使ったりだとか、キラキラとした効果音なんかを使いまわしていますが、「Banvox」というジャンルを作るには、それだけではちょっと弱いかなという気もします。ただ、東京モード学園のCMに起用された「Occasion」という楽曲は、あまり型にはまらないような曲展開で、結構面白いなと思いました。

日本なんかより、世界を舞台にしてほしい

日本でこういうジャンルの曲が、メインストリームになるのはやっぱりちょっと難しい気がします。ですから、より世界的な視点に変えていったほうが、活躍できると思いますし、彼もそのように考えていると思います。是非世界的なアーティストになって欲しいと思いますね。

魔法的なことに対してもっと素直に驚くために【数学】

僕は最近市販の参考書や、インターネットを参照しながら、大学の学部レベルの数学を独学で勉強し始めました。今回は僕が数学を勉強し始めた理由と、そうすると今後、どんなことに役に立つのかを僕なりに書いてみます。

日常は更に機械で溢れかえる

1990年台後半から現在にかけて、パソコンが急速に成長しコモディティ化(大衆化)して、私たちの日常の中にありとあらゆる機械が浸透してきています。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場した自動で靴紐が結べる靴も、実用的かどうかはさておき、既に開発されています。映画館に行けば、人気の映画なんかは、結構3Dで見ることができます。大半の人が持っているスマートフォンの中には、とても精緻な機械が大量に詰まっています。こんな感じで、日常には機械が今後も溢れかえっていきます。

進化に対して驚くことができない

私たちは上記のような現象を、あまり違和感のないこととして受け入れられていますよね。たとえば昔の人なら、コンパスの発明にすごく驚いて、「これどういう仕組みなの?」とか聞いていたと思います。「地磁気っていうものがあってね」とか、こういう会話はおそらく研究者だけでなく、一般人の中でも行われていたはずで、みんながなんとなくでも理解できていたはずです。しかし現在の技術は、一般的な知識しか持っていない人にとってはあまりにも難解な構造になっていて、なんとなくすらもわからないような状態になっています。だからほとんどの人は、「なんかわかんないけどそうなんだあ」と核心を理解しないままに、本当の驚きというものを実感できていないと思うんです。

プレデターに取り囲まれる

プレデター」っていう映画ありますよね。プレデターっていうよくわかんない気味の悪い生物に、人間がバタバタやられていくやつです。あのプレデターって、自分の姿を透明にして、人間から見えなくすることができるんです。何が言いたいかって言うと、これから日常に浸透していく機械も、プレデターのように、目に見えなくなっていく(人間の感覚領域を超える)ということです。それはプレデターのように、「透明」ではないかもしれませんが、限りなく小さくなっていきます。それは人間の目の分解能を超えて、実質的には見えなくなっていきます。あるいはわかりやすい例では、機械は人間以上の可聴領域を持っていますよね。というか機械にはそのような限界はないと思います。このように機械は人間の感覚を凌駕していきます。これからの日常は(悪く言えば)「侵略」されていくんです。

数学は機械語を扱うための道具

パソコンというのは2進数で動いているというのは、なんとなくわかりますよね。つまり、パソコンが理解できるのは、電気が流れているか否かということのみです。だから数学を使えば、簡単に言ってしまえば、パソコンと会話をすることができます。それはつまりプレデターと外交ができるということで、日常を侵略されなくて済みます。要するに僕は、身の回りの機械的な難解なモノの構造を理解したいんです。何故かと言うと「なんとなくヤバいことができそうだから」です。これはマッド・サイエンティスト的なことを言っているんではなくて、「身の回りのことをわかっていたほうが、何かと便利そうじゃん」ってことです。勿論、そんなことを勉強しなくたって、生きていくための方法はいくらでもあると思います。ただ、機械を扱うことで、自分の生活を豊かにできると思ったし、少なくとも今は思い続けています。だから僕は今数学を勉強しています。

何の役に立つのか

授業中とか(特に小・中学校で)必ず誰かしら言う人がいたと思います。正直言って、勉強を何か具体的な事例と直接結びつけるのって難しいです。勉強しないことには、それがどんなことに役に立つのかもわかりません。ただ少なくとも、機械を扱えるということはこれからの時代を楽しめる一つの方法だと思います。「IoT(Internet of Things)モノのインターネット化」ってよく聞くと思うんですけど、つまり身の回りのありとあらゆるモノに、何かしらの機械的なものが組み込まれていくっていうことです。機械を扱えれば身の回りのものも機敏に扱うことができて、便利そうじゃないですか?僕は数学を勉強することをそんなふうに捉えてます。

まとめ

途中にも書きましたが別に数学を勉強していかなくても生きていくことはできます。それはこれから人工知能のような数学的なモノが世の中に溢れかえって同様だと思います。もっと他にも自分の生活を豊かにする方法はあると思いますし、数学がその一つというだけです。ただ、音楽の趣味とかと一緒で、この記事を読んで数学に興味を持ってくれる人が増えるとそれはそれでちょっと嬉しいです(笑)。

こちらもどうぞ

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/university_enroll

http://daikeiobachan.hatenablog.com

フロー状態に入ることの難しさ【集中できない】

f:id:daikeiobachan:20170330193438j:plain

過去や未来に囚われて現在に集中できなくなってしまうという状態は、人間の大きな特徴の一つだと思います。この記事では、フロー状態に入るということについて述べていきますが、僕は精神病理などに関しての専門家ではないので、あくまでも個人的な想いだということをご理解ください。

童心は消えてなくなってしまう

子どもの頃は、おそらく誰しもが、あらゆることに好奇心を持って接していたでしょう。それを傍から見ている僕たち(大人)はそれを童心と呼んで、度々「集中力がすごい」などと形容します。それは何にもとらわれていない状態です。何事にも集中できないと嘆いている人にとってその状態は、とてもうらやましいものです。でもそれは所謂「フロー状態」とは、少し性質の違うものだと思います。子どもというのは無知な状態です。これは否定的な意味でも肯定的な意味でもありません。単純な知識に対しての無知だけでなく、自分自身を客観視できないという意味もあります。前段で、ほとんどの生物は、今現在のこと以外を考えることができないと述べましたが、人間は、年を重ねるごとに、その能力を成長させているんだと思います。つまり幼いころはその能力は他の霊長類とあまり変わらず、成長する過程の中で、自分を客観視するカメラの視野角が広がっていって、より世界を広く捉えることができるようになるんだと思います。しかしその視野が広がると同時に、童心は失われていきます。

童心を求めてはいけない

失われた童心。子どもの頃に持っていた集中力をもう一度取り戻したい。でも童心そのものを求めてはいけません。それは不可能です。なぜなら童心というのは、無知によって生まれる集中だからです。いろんなことを知った(知ってしまった)大人という状態からは、童心を取り戻すことは不可能です。大人になっても類稀な集中力を発揮する人はいますが、それは童心とは違うものです。

フロー状態は客観視のもとに成り立つ

フロー状態というのは、自分自身はたった一つの点に過ぎないということを自覚した上で、それを認めつつも、何かに注力している状態だと思います。そこに至るまでの動機づけには、様々なものがあるでしょうが、童心と明らかに違うのは、自分自身を圧倒的に客観視しているということです。これは非常に難しいことで、禅に通ずる瞑想などに近いものもあるかもしれません。基本的には、無理にフロー状態に入ろうとしてはいけません。心地の良い過程を経ていかないと、人間性を破壊していくことになりかねません。つまりそれは自分自身を否定することになります。

集中しようとしてはいけない

集中状態というのはいつの間にか起こっているものです。無理になろうとしても難しいと思います。僕自身は、不安障害や強迫性障害のような症状を自覚してから、集中することの難しさというものを認識しました。ただそのような状態の時に、子どもの頃の自分と比較するのは良くないと思います。先に書いたように、子どもの頃の集中力は、童心の下に成り立っているから。童心と言うものは、無知から生まれるものだからと思ったからです。それは再現性に乏しく、かなり貴重な体験でしたが、同時に懐古的になってはいけない部分でもあります。無理をしてはいけません。

目的意識で進む

また別の記事にも書こうと思いますが、人間のバランスは、「体力・精神・経済」の3つで保たれていると思います。経済というのが割に大切で、現実味をもった議論をしていく中で、かならずぶちあたる壁になります。お金を稼いでいくためには、多少嫌なこともしていかなくてはならないかもしれませんし、それをうまくかいくぐることができるかもしれません。ただ、集中できないという状態でも、生きていくためにはお金が必要です。このような目的意識を最優先にして、すべての物事を処理していかなくてはなりません。これは上記のような症状に悩んでいる人からすると、容易いことではないと思います。僕自身も100%は実行できていないと思います。地道に処理していくしかありません。ただ、超えるべきハードルの高さの順番を大切にしましょう。低いものから越えていく。倒してしまったら、一個前の高さに戻しても大丈夫です。地道にやりましょう。

まとめ

少し啓発的で宗教的で気味の悪い文章になっちゃいました。もっと実用的なことが書けるといいんですけどね。僕自身も改善段階なので、とりあえず今思うところを書いてみました。参考になれば幸いです。

こちらもどうぞ

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/commu_convers

http://daikeiobachan.hatenablog.com

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/commu_self_cog

デスクまわりがケーブルだらけ?収納ボックスが便利!

テレビやゲームやパソコンなどの配線周りをグチャグチャなままにしている人って結構いませんか?一度放置してしまうと、どんどん手に負えない状態になっちゃうので、ケーブルはきれいにまとめた方がいいと思います。

めんどくさがりにはボックスタイプがおすすめ

ケーブルごとに束にまとめるテープとかも結構ありますが、もっと手軽で便利なのはボックスタイプのものです。グチャグチャになっているケーブルを突っ込めば、すぐにきれいに見えるので、めんどくさがりの人にはとてもおすすめです。

おすすめはこれ!

ズバリ、僕のおすすめはBUFFALOのケーブルボックスです。LサイズSサイズと置く場所によって二種類から選べます。それぞれ黒色もあるので、シーンによっても使い分けできます。

  • Lサイズ:BSTB01LWH
  • Sサイズ:BSTB01SWH

構造はすごく簡単で、上から蓋をかぶせる感じになっていて、側面と上面にスリッドが入っていて、ここからケーブルを出して使います。実際に使うとこんな感じです。(Sサイズ)

f:id:daikeiobachan:20170330153426j:plain

上に2本出ているコードは機器の充電用です。サイドのコンセントは間接照明のものなんですけど、もしかしたらまた紹介するかも。底面には、熱が溜まるのを防ぐための穴も空いていますので安心です。ただ、あまり沢山アダプターなどを入れてしまうと、さすがに熱くなってしまうかもしれませんので注意してください。

シンプルだからどこにでも使える

見ての通り単色(白・黒)なので、どんな場所にも違和感なく置くことができます。特に電化製品なんかはシンプルなカラーのものが多いので、雰囲気を壊さずに置くことができます。また画像のように、蓋の上に充電中のものや、ちょっとした小物も置くことができるので、とても使いやすいと思います。

スリッドが多いから使いやすい

スリッドは側面に3つ、上面に2つの計5つあります。基本的にどの方向にもケーブルを出すことができるので、取り回しが利いて、とても使いやすいです。僕はパソコン周りに、足元にLサイズ、机の上にSサイズを置いているんですが、Lサイズは結構容量があって、電源タップもそのまま入りますし、Sサイズは邪魔にならない程度の大きさでとても便利です。Sサイズの方には、ワイヤレススピーカーの充電ケーブルを出しているんですが、充電してそこにポンッと何気なくおけるのは結構いいですよ。

底面にゴムがついているから安定してる

底面にゴムが付いていて、滑りやすいテーブルの上なんかでも、安定して置くことができます。ケーブルに何かを引っ掛けてしまっても、ずれたり落ちたりしにくくなっているので、安心です。

f:id:daikeiobachan:20170330153745j:plain

まとめ

いかがでしょうか。コードがぐちゃぐちゃなのは嫌なんだけど、一本一本まとめるのも面倒だなっていう人にはかなりおすすめです。

英語の発音を真っ当に伸ばす方法【正攻法】

私たち日本人を含む英語話者でない人は、英語を発音することにコンプレックスや恥じらいを持っていることが多いと思います。ただ、英語を含むどの言語も、発音記号を正しく学習すれば、誰でも出来るようになります。この記事では、英語の発音力をどのように伸ばしていけばいいかを紹介します。

こちらの記事もおすすめです

発音は正しくなくてもいい!

まず大前提として、英語学習において、正しく発音できるようになるというのは、それほど重要な事ではありません。たとえばヨーロッパ圏の人は、自分の国以外の言葉も話せることがザラにありますが、大抵の人は、自分たちの英語の発音が少し違っていても、ほとんどコンプレックスを持っていないと思います。たとえばフランス語を母語としている人にはフランス訛りの英語があります。しかしそれは、日本語での関西弁のようなもので、ある意味個性でもあり、そもそも「間違っている」という表現が正しくないかもしれません。ですから、英語を正しく発音できないからだめだとか、そういうことでは全くありません。ということを頭に入れておいてくださいね。

発音記号を正しく覚える

発音記号はネットを参照するだけでいくらでもまとめてあるので、自分に合うサイトを見つけて覚えてください。少しコツを言っておくと、たとえば”p”という音と”b”という音は、無声音と有声音という違いです。このようにペアを作ることで、より効率的に覚えることができます。

とにかく声に出す

まあ、そのままですね。たとえば単語を覚える時に、いちいち書くのはとても面倒なので、口に出して音として覚えましょう。最初のうちは自分の発音が間違っていないかとかは、あまり気にしなくて大丈夫です。とにかく発音してみてください。そうすると、どの音が難しいのか、逆に、この音は意外と簡単だなとかわかってくるはずです。

英語文化に触れる

これは脳科学者の茂木健一郎氏も言っていることですが、外国語を学習するためには、その国の文化に触れることが良い、ということです。今回は発音の学習ですから音を聞くことが大切なので、たとえば音楽を通して、好きなアーティストを見つけて、その人の曲を片っ端から聞くとか、YouTubeで英語を使って動画を上げている人を見つけて、それを繰り返し見るとか、そういうことです。とにかく触れることで、自分が普段発音している音との比較ができるようになり、よりきれいな発音へと矯正していくことができます。

【上級者向け】リエゾンを意識する

ここまでの学習法を続けていけば、一つ一つの単語の発音はかなり良くなると思います。そこからより発音をきれいにしたいという人は、リエゾンを意識するといいと思います。リエゾンとは音のつながりや脱落のことで、より滑らかに発音するために必要なものです。ある程度のルールみたいなものはありますが、原始的には、そうした方が自然と楽に発音できる、というところからリエゾンが始まっているので、究極的に言えば、自分が発音しやすいように発音すれば、自然とリエゾンも身についていきます。

英語はコミュニケーションの幅を広げるツール

英語はあくまでも、コミュニケーションの幅を広げる”ツール”です。それを使うこと自体が目的ではないので、どんどん実践に移していって、実際に会話の中で使っていくと、自然と身についていくと思います。

コミュニケーション能力なんかなくてもいい【自己認識】

f:id:daikeiobachan:20170330193752j:plain

コミュ障という言葉はすごい便利な言葉で、いろんな場面で予防線を張ることができます。「私コミュ障だから」と言ってしまえば、そんなにうまく会話が進まなくても、そんなに気を遣わなくて済むかもしれませんね。僕はそういうのは、ちょっと守り過ぎかなと思ってしまうんですが、ただ、こういう人より更に厄介な人がいます。それは自分のことを「コミュニケーション能力が高い」と思っている人です。

コミュニケーションはそんな簡単なものじゃない

場を和ませることができる人と、コミュニケーション能力が高い人は必ずしも同じではありません。コミュニケーションが上手な人というのは、自分の意見を正しく表現して相手に伝える能力があり、なおかつ相手の意見を正しく理解する能力のある人のことです。一方で場を和ませることができる人にはいくつかタイプが有り、その中には、天然さを持っていて自然と笑いが生まれるタイプの人などもいます。つまり、場を和ませることができるからと言って、会話が上手なわけではないかもしれません。しかし中には、自分がいると場が和んでいるから、会話している相手が笑顔でいてくれているから、そんな短絡的な理由で、自分はコミュニケーション能力のある人間なんだと勘違いしている人がいます。しかし当然ながら、多種多様な人種・人格、その他文化などがある中で、コミュニケーションというのはそんなに簡単なことではないと思います。

身の程を知ることが大切

先に書いたように、一番厄介なのは、自分のことをコミュニケーションが上手だと勘違いしている人です。まず大前提として、コミュニケーションが上手いか下手かを判断するのは周りの人たちですから、自分自身で判断している時点で、自分のことを客観的に見ることができていないと思います。たとえばあなたと会話している相手が笑っているのは、あなたの会話が面白いからではなく、あなたの顔にご飯粒がついているからかもしれませんし、単なる愛想笑いかもしれません。大切なのは自分の身の程を知ることです。他人から、「あなたの話は面白い」と言われたのなら、それは素直に受け取って、自分の胸の中にしまっておきましょう。しかしそんな経験もないのに、自分は会話が上手だとか、そんな風には思わないほうがいいと思います。あなたは気づかないうちに、場の雰囲気を乱しているかもしれません

空気は読まなくていい

ただし、場を乱すのが悪いということではありません。大切なのは、自分は今、場を乱しているのかどうか、またそれは自分の望むところなのかをしっかりと把握することです。当然空気を読んでいるだけの会話ではつまらなくて居心地が悪いと思います。ですから、場を乱すにしても、自分がしっかりと伝えたい場面とか、意図的に壊して面白くしたい場面とか、狙いを持って会話を進めていくことが大切です。まあほんとに自由人の人なんかは、自分の言いたいこといつでもどこでも言いたい放題なんてこともあるかもしれませんが、あまりやりすぎると嫌われるので。嫌われても構わない、それくらいの度胸がある人だけにしておきましょうね。僕は小心者なので無理ですね。ただ、無意識に周囲の空気を乱すのだけはやめましょう。それは空気を読んで自制するということではなく、自分が発言する内容を見定めていくということです

まとめ

ほとんどの人が、複数のコミュニティに所属していて、それによって立場を使い分けなきゃいけないと思うので、それに応じて、発言する内容やコミュニケーションのとり方も考えるべきです。

 

過去記事からのおすすめ

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/commu_convers

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/commu_annoy

洋楽好きにおすすめ!SoundCloudって知ってる?

最近は日本でもEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が取り入れられ始めて、各種ストリーミングサービス(LINE MusicとかApple Musicとか)も流行っていて、「洋楽好き」っていう言葉もよく聞くようになりました。そこで今回は、ストリーミングサービスとはちょっと違う、洋楽が聞けるサイト(アプリ)SoundCloud(サウンドクラウド)を紹介します。

SoundCloudとは?

SoundCloudとは、オレンジ色と雲がイメージロゴのサイトです。(アプリ版もあります)

f:id:daikeiobachan:20170305115251j:plain

クラウド(雲)という言葉は、データをサーバ上に保存して、いつでもどこでもどの端末からもアクセスできるようにすることができる仕組みを表しますが、イメージはそれに近くて、誰でもSoundCloud上に曲をアップすることができて、いつでもどこでもそれらの曲を聞くことができるんです。またほとんどの機能は無料で使うことができますし、ログインもGoogleのアカウントがあれば簡単にできるので、とてもおすすめです。

聞くための機能が充実してる!

SoundCloudには、音楽を聞くため、新しい曲を探すために、様々な便利な機能があるので、紹介していきます。

検索

f:id:daikeiobachan:20170305122304p:plain

ページの上部に検索バーがあるので、そこに好きなアーティストの名前や、曲名を入れて検索することができます。まずここに適当なワードを入れて使ってみるといいと思いますよ。

Like

好きな曲を見つけて、何回も繰り返し聞きたい時には、Like機能がおすすめです。これはお気に入り登録みたいなもので、再生中の曲のページ、もしくはページの下部にハートマークがででくるので、それをクリックすると、その曲が自分のLikeリストに登録されます。

f:id:daikeiobachan:20170305124317j:plain

f:id:daikeiobachan:20170305124515j:plain

以降は、ホーム画面からアクセスして簡単に聞ける様になります。

f:id:daikeiobachan:20170305124624j:plain

タグ

f:id:daikeiobachan:20170305122529j:plain

それぞれの曲には、投稿者が自由に付けられるタグというものがあります。これはTwitterでいうハッシュタグのようなもので、ここをクリックすると、同じタグが付けられている曲を探すことができます。自分の好きな曲と同じようなジャンルの曲を探したい時に有用です。

Discover←おすすめ!!

f:id:daikeiobachan:20170305123219j:plain

「Home」を選択してから「Discover」を選択すると、今までの自分が聞いた曲の履歴から、おすすめの曲を自動的に選んで提示してくれるんです。ネットショッピングのおすすめ商品機能に似たような感じのものですね。これがかなり使えて、アーティストや曲名を知らない状態から、全く新しい曲に出会うことができるので、どんどん自分の好みの幅が広がっていくんです。「最近同じような曲をずっと聞いているな」とか、ちょっと飽きてきた時に使うと、かなり面白いです。

有名アーティストも使ってる

世界的に有名なアーティストもSoundCloudを使っていて、自分のデモを上げたり、フル尺の曲も無料で公開したりしています。ただ、どちらかと言うと、ダンスミュージック寄りなのかなとは思います。また、同じ曲でも、色んなアーティストのリミックスがあったりして、そういう違いを楽しむのも面白いですよ。

YouTubeとの決定的な違い

この記事を読んでいる人の中には、「でもネット通信が必要なんだったら、YouTubeもあるし…」っていう人いませんか?SoundCloudYouTubeの決定的な違いは、圧倒的に通信料がかからないということです。SoundCloudは音声データのみを扱っているので、動画データを扱っているYouTubeに比べて、必要な通信量が圧倒的に少なくて済みます。だから、外出先とかでも、気兼ねなく使うことができるんです。さすがに通信制限がかかっている状態で使うのは厳しいかもしれませんが、相当使わない限りは、制限がかかったりということはないと思います。

まとめ

いかかでしょうか。今までYouTubeでしか聞いていなかった、ストリーミングサービスは有料だしちょっと、という人にはすごくおすすめです。是非参考にしてみてください。