読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンボンTVのりっちゃんは早稲田大学出身!【Youtuber】

Youtubeに動画をあげて、その動画に付く広告費で収入を得るYoutuber。今話題のグループに「ボンボンTV」というのがあります。そのメンバーに「りっちゃん」という2016年の4月から新しく加入した人がいます。こないだちょっと驚く発見があったので紹介しますね。

f:id:daikeiobachan:20170330184918j:plain

(画像の引用元:https://twitter.com/ricchan_96?lang=ja

あの”やぎろぐ”に登場していた!

新卒フリーランスブロガーの八木仁平さんが運営されている”やぎろぐ”という有名なブログがあります。先日このブログをなんとなく見ていて、メインページの一番下の方に過去ログがあったので、「一番古い記事はどんなのだろう?」と気になって見てみました。それがこの記事です。

http://www.jimpei.net/entry/freehugs-freebinta

街中で知らない人にハグをしてもらう企画。ハグはなかなか難しかったようで、途中で”ビンタ”に変わったみたいです。で、この記事のいくつかの写真にりっちゃんが写ってたんです

f:id:daikeiobachan:20170303184708j:plain

 

f:id:daikeiobachan:20170303184710j:plain

こんな感じで複数の写真に写ってますよね。おそらくこの企画に、サポートとして同行していたんだと思います。もう少し調べてみると、りっちゃんは八木さんのTwitterもフォローしていました。

f:id:daikeiobachan:20170303185021j:plain

りっちゃんとやぎろぐさんは知り合いということで間違いなさそうですね

八木さんは早稲田大学出身!ということは…

八木さんはあの早稲田大学の出身ということを自身のブログで公言しています。そして、その知り合いであり、ロケに協力するほどの仲ということは、りっちゃんの出身大学もおそらく、「早稲田大学」だと思います。インカレサークルなどで知り合った他大学の人ということも、なきにしもあらずですが、早稲田大学の可能性が高いです。また、りっちゃんは大学を卒業してすぐにUUUMに入ったと言われていますが、アクティブに企画に参加して、公になるようなことを以前からしていたと考えれば、今現在ボンボンTVで活躍していることも納得がいきますね。

追記:ボンボンTV内で、早稲田大学出身ということを公言していました!

https://www.youtube.com/watch?v=5R7mM6cQLiU

皆さんに気をつけてほしいこと

僕はこの発見をしてすぐ記事に書こうと思ったんですけど、それと同時に伝えたいのが、「ネット上に個人情報をアップすることの危険性」です。りっちゃんは自分の出身大学を公開していませんし、それを言うことが嫌かどうかはわかりませんが、この記事を書いたように、個人情報というのは、思わぬ形で特定されてしまうことがあります。(今回の記事に関しては100%合っているとは言えませんが)ですから、簡単に個人情報をネット上にアップしないように気をつけましょう。特に、他人の写真などを勝手にアップして、後々迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。よくSNSプロフィール画像などで、自分の顔にだけスタンプかなにかを貼って隠して、相手の顔はそのままにする人がいますけど、それもあんまり良くないかなと思います。(相手だけ晒してるわけですからね)

また、この記事もそうですけど、ネット上の記事の中には、必ずしも正しいとは言えないものもあるので、すべてを鵜呑みにしないようにも気をつけましょうね

 

”嫌いな人・苦手な人”ができた時に考えるべきこと

f:id:daikeiobachan:20170330194142j:plain

どんなに優しい心を持っている人でも、嫌いな人あるいは苦手な人というのはいると思います。でも単純に、「うわ、いやだなあ」とか思っているだけだと、自分にも相手にも良くないかもしれません。 今回はそんな時に考えるべきことをまとめてみました。

9割は自分の”フィルター”のせい

あの人嫌いだな・苦手だなと思った(思ってしまった)時、誤解を恐れずに言えば、その原因のほとんどは自分にあります。これは言い換えれば、「鼻につく」という状態です。僕は個人的に、嫌悪の根本はほとんどがこの「鼻につく」という感情にあると思います。残りの1割は、パワハラとかいじめとか、犯罪になりかねないとか、そういう具体的な被害が出ている場合です。これは嫌いとか苦手とかいうのは当然だと思いますし、それ以上に対策をとったほうがいいですけどね。

”フィルター”を作る理由

鼻につくというのは、相手に対して、何らかのバイアスなり何なりのフィルターがかかっていると思います。そのようなフィルターは主に次の2つによって形成されると思います。

嫉妬

相手が自分よりも何か優れている場合、たとえば自分よりも経済力があるとか、運動ができるとか、そういうことがあると、その分を相殺しようと、相手の弱点を探すようになります。ここは自分のほうが優れている、という部分を見つけようとするんです。こういう思考自体は何も変ではないですけど、そういうことを口に出すと、それが今度は「愚痴」になって、あなた自身が周りの人たちから腫れ物扱いされかねません。

ストレスのはけ口

特にその相手に対して何も嫉妬してない場合は、単なるストレスのはけ口になっていると思います。どんな立場の人であろうと多少のストレスはあるでしょうから、それを外に出そうとするのは自然なことです。でもこれも、言ってしまえば悪循環になっているので、あまりやらないほうがいいですね。

自分の安定が一番大切

先の2つの理由は、結局のところ自分自身の”不安定”から生まれています。すべてがそうとは言えませんが、多分、大富豪の人はあまり不満とかなさそうですよね。(よくある話ですいません)でもやっぱりそれが本質だと思っていて、自分の安定が色んなフィルターから自分自身を開放してくれると思うんです。個人的には三権分立みたいな感じで、「身体・精神・経済」が相互的にバランスを持ちつ持たれつだと思います。ただ、経済の安定なんかは特に、年齢的な問題もありますし難しいと思うんですよね。

面白くディスる

やっぱり嫌いな人・苦手な人といるとストレス溜まるし、そういうストレスって解消するべきだと思うんです。で、一番いい方法は「面白くディスる」ことです。相手を不快な気分にさせてはだめです。人間関係が破綻するようなこともだめです。ただそうならない範疇で、おもしろくディスればいいんです。自分自身の思いも伝えることができますし、もしかしたら相手はそういう部分に気づいていないだけで、言えばすぐに直してくれかもしれません。またこういう類のコミュニケーションは、時に関係性を良好にしてくれることもあります。是非活用してみてください。

まとめ

どうですかね、まあ、あまりにもだめな人は、関わらないことが一番です。考え方としては、この人のそういう部分を直してあげてでも仲良くなりたいかどうか、この人のそういう部分を直してあげてその人の”ため”になりたいか、こんなぐらいですかね。最後まで読んでくださってありがとうございました。

会話が続かないことは自然なこと【コミュ障】

f:id:daikeiobachan:20170330194536j:plain

自分のことをコミュ障だと思ってる人ってかなり多いと思います。僕も、コミュ障とまでは言いませんが、会話をすることはあまり得意ではないです。でも、会話が続かないことをあまり悩みすぎてもしょうがないと思うんですよね。この記事では、そういう場面を切り抜けるちょっとしたコツと、気の持ちようについて書いていきます。

 静寂を悪く思わない

同じ空間に自分とあと一人。そんなに親しくないけれど、以前にちょっと話したことがある程度。この時に、静まり返ってる空気感に耐えられなくて、自分は会話が苦手だとわかっていながら、自分から話しかけて墓穴を掘るような経験はありませんでしたか?まずはその静寂を悪いものだと思わないようにしましょう。あくまでも私見ですけど、会話が苦手な比較的内気な性格の人は、自分の好きなことにのめり込むタイプですから、本など自分の好きなものを常に持ち歩いておいて、そういう場で活用すれば、自然と静寂も気にならなくなると思います。

仲良くなりたかったら話しかける

静寂を乗り切ることができるようになったら、自分の中に基準を一つ設けます。それは、仲良くなりたかったら話しかける、ということです。物凄く当然のことですけど、これをちゃんと自分の中で確認することで、会話の中で諦めがつきます。どういうことかというと、仲良くなりたいのであれば、無理でも会話を続けなければいけませんよね。(親しい仲であれば口数が少ないことはありますが、初対面の人と無言で過ごしていても、仲良くはなれませんよね)この意識を持つことで、会話が続かないことをネガティブに思う気持ちよりも、なんとしてももっと話そうとするポジティブな考えが先行するんです。これがとても大切なんです。

【奥の手】仲良くなりたいと伝える

初対面の人にあなたから話しかけた場合、相手は、あなたがどれくらいの間合いを詰めようとしているのかを、暗に気にしています。もしあなたが仲良くなりたいのであれば、会話の序盤で、連絡先を交換したいと言ったり、ご飯食べに行こうと誘ったりするのは、かなり有効です。ただ会話を続けているだけでは、その人の内面性はなかなか掴みにくいですが、このようなパーソナルな約束を申し出ることで、相手にも、この人は自然と気を許してくれているんだということが伝わり、その後の会話もスムーズにいくと思います。ただ、挨拶の後の二言目にこれを使うとさすがに不自然というか、不信感すらでてしまうかもしれないので、少し会話を進めた後に言うのがいいと思います。あとこれを言う時に、軽い感じで、「私、会話するのちょっと苦手なんだよね」とか伝えてしまえば、その人のキャラにもよりますが、とりあえず相手に悪い印象は与えないと思います。困ったら自分の弱点をさらけ出してしまう、これこそ会話における奥義です。

とにかく下に出る

自分から話しかけることも、自分の弱点をさらけ出してしまうことも、「下に出る」ことです。気をつけなければいけないのは、相手になめられる可能性もあります。それ以降の自分の立ち位置とかキャラとかは、仲良くなった後で頑張って変えていかなければならないかもしれません。しかし、キャラとかそういうものは、コミュニティの中で自然に決まっていくものなので、あんまり無理に変えようとしてもしょうがない気がします。仮にその人が自分のキャラですごく嫌な思いをしていたり、いじめられたりしていたら話は別ですが、ある程度のものは、いじられてるんだと許容していくことが大事だと思います。

”大学に行く意味”議論に結論を出す【大学全入時代】

f:id:daikeiobachan:20170330194932p:plain

大学に行くかどうかで悩んでいる人は結構いると思います。就職するか、大学に行くか、あるいは専門学校などに行くか。いろんな選択肢があります。この記事では、大学に行く意味について、わりと真剣に書いているので、是非参考にしてみてください。

 ”大学全入時代”は間違い

”大学って行く意味あるの?”という言葉は、だいぶ使い古されていると思う。日本では中学までが義務教育となっていて、高校以降は自分の意志で進む道を決めることになる。まずはじめに誤解のないようにしておきたいことは、大学全入時代と言われている昨今、実際の大学進学率は60%弱である。確かに20年前と比べると、10%ほど上昇しているが、とても”全入”と言えるような数値ではない。現在でも半数弱の人は、専門学校に行ったり、就職をしているということになる。

大学って行く意味あるの?

先に結論を言ってしまうと、僕は大学に行く意味(意義)はとてもあると思います単純に、メリットが多いからです。ただ、もしかするとこの記事を読んでいる人の中には、進学するためのお金が無くて、就職しなければならないとか、大学を諦めなければならないという人もいるかもしれません。正直そういう人に対して僕は何もできませんし、無理に進学を勧めるつもりもありません。この先の内容は少し残酷に聞こえてしまうかもしれませんが、ご理解ください。

”学生”という比較的楽に手に入る社会的地位

大学生になるということは、”学生”という社会的な地位を一つ得るということです。高校生くらいまでだと、そんなこと改めて考えることもなかなかないと思いますが、20歳の節目を迎えた時に、一つでも社会的地位を獲得しているということは、とても大きなことだと思います。これに関しては専門学校などに通っている場合も同じだといえます。ただ大抵の場合、専門学校は二年で卒業を迎えるので、より安定した社会的地位を比較的楽に維持できるという点では、大学生の方が優れていると思います。

社会的地位を持つメリット

一番わかり易い例をあげるなら、クレジットカードです。同じ20歳でも、学生の人と無職の人では、学生の方が圧倒的にクレジットカードの申請が通りやすいです。これはざっくりと(少し残酷に)言ってしまえば、学生の方が”社会的に信用されている”ということです。それはカード会社の人たちが、心を持っていないとかそういうことでは全くなく、単純にある基準を設けないと、商売が成り立たないからなんです。学生という、”ある機関に属している人のほうが信用できる”という客観的な基準(レッテル)が存在しています。

大学の勉強は役に立たないかもしれない

これは否定することのできない事実です。高校の数学でさえ、私たちの生活の中で必要な場面なんてほとんどないでしょうから、大学でより専門的になれば当然のことですね。法学部を出たから法律家になるわけでもありません。直接は役に立たない知識のほうが多いでしょう。ただ、勉強が役に立たないから、そんな理由で大学に行くのをやめてしまっては非常にもったいないです。なぜなら、勉強をしていないというのは、まだ自分の興味あることについて理解していないことと同じだからです。突き詰めていけば、いくら勉強したって、自分の知らないことは当然あるでしょう。でも少しでも勉強することで、自分の興味が持てる可能性がある分野がどんどん広がります

大学生というのは”資産”と同じ

ここで先程の地位の話に戻ると、大学生になった時点で、大学生である(であった)という資産が手に入ります。これは今すぐ役に立つものかもしれませんが、後々効果の出て来るものでもあります。大学で得た知識も同様に、すぐには役に立たなくても、あとで使える場面があるかもしれません。大学生活という密でありつつも、なんとなくフワフワしているその期間に触れたものは、意外と記憶に残ると思います。それはつまり、自分の使える道具を着実に増やしているということです。この道具がすべてではありませんが、道具を持っている方が、持ってない人よりも確実に有利です。

猶予期間を有効に使う

大学というのは、猶予期間です。それも四年間もあります。厳密に言えば就活などもあるので、丸々四年間はないかもしれませんが、それでも非常に貴重な時間があります。この間に、高校生までには考えなかったようなこと、考えられなかったようなことを考え、自分なりに道筋を定めていくことが大切です。

最終決断は自分

僕は大学に行くことが意義のあることだと思っているので、この記事を読んで、大学に行こうかなと、なんとなくでも思ってくださればありがたいです。でも、最後に決めるのは自分です。こんなことは学校の先生にもさんざん言われることだと思いますが、それだけ当然でありながら、大切なことだということです。最後まで読んでくださってありがとうございました。

英単語は覚えようとしない!感覚で捉える方法

受験シーズンはそろそろ終わりを迎えますが、当然これからの一年に受験生生活を控えてる人も居るわけです。文系理系にかかわらず重要な教科である英語ですが、その核ともなる単語暗記は、単調で苦手だと言う人も多いと思います。そこで今回は、できるだけ実践的に使えるような形で、英単語を覚えるための方法を紹介します

 英単語は覚えようとしない

いきなり屁理屈みたいなことを書きましたが、ちゃんと説明しますね。まず、単語(言語)というものは、私たちがお互いに意思疎通を図るために使われる「表現方法」の一つです。もちろん伝えたいものは、実体のあるものないもの様々ですが、そこには必ず「イメージ」が存在します。ここでイメージというのは、必ずしも目に見えるものではありません。たとえば「cold(寒い・冷たい)」なら、青い色だったり、雪が降っている風景だったり、人によってもちろん異なりますが、だいたいそんな感じだと思います。英単語を文字のまま頭に入れようとしても、なかなか実になりません。イメージや音(発音)を使って、”なんとなくやんわりと”理解していけば、自然と頭に入ってきます

「連想力」が大切

先程の例で、coldのイメージの中に雪という単語が登場しました。これは「連想力」によって生み出されたものです。「cold」と「snow(雪)」が、イメージを通して繋がったのです。このようにイメージを媒介として単語を覚えていくと、学術的な難しい用法や用語にとらわれなくても、感覚で単語を理解していくことができます

とにかく繰り返し”発音”する

英単語を覚えようとして、何回もノートに書く人がいますが、個人的には、それは時間もノートも無駄になっていると思います。もちろん、単語のスペルを正しく覚えるためには、書くことも手段の一つではあると思います。しかし、自分の口から発音するということが一番効率的かつ実践的なんです。

一冊の単語帳を最低で三周

三周は回しましょう。そうすると、この単語覚えづらいなっていうのがなんとなくわかってきます。それと同時に、それらの単語が何ページあたりにあるかというのも覚えてきます。多くの単語帳には巻末に索引がついているので、それを使って通して確認してみるのもいいと思います。一つの可能性として、なかなか覚えにくい単語は、他の似たスペルの単語と混同しているかもしれないので、そういう点からも、巻末の索引を利用するのは結構効果的だと思います。あとは、何周しても(5、6周程度)覚えられない単語は、紙に書き出して、集中的に覚えるのもありだと思います。

暗記は”諦め”が必要

脳の暗記する能力というのは、あくまで僕の意見ですが、元から持っているものがほとんどで、劇的に伸びるということはあまりないと思います。元から大きな容器を持っている人には、その分だけ最初からアドバンテージがあります。だから、そのような暗記力を持っていない人が暗記をする時には、いかに覚えやすくするか(連想して関連付けるなど)がとても大切です。これは他の教科にも言えることなので、すべての暗記の時にはこのことを肝に銘じておいてください。受験生の方は、マイペースに焦らず頑張ってくださいね。

こちらの記事でおすすめの英単語帳を紹介しているので、是非合わせて読んでみてください。

http://daikeiobachan.hatenablog.com/entry/english_vocab_recom 

効率よく覚える!おすすめの英単語帳【目的別】

英語を勉強する上で、単語暗記というのは終わりがありませんが、自分の目的に合わせて勉強することで、効率よく消化していくことができます。この記事では、大学受験や各種英語試験用のおすすめの英単語帳を紹介します。

単語帳は種類が豊富

以前、単語帳を自分で作ってみるという記事(TOEICや英検でも使えるMacでの単語帳【本】の自作方法 - 台形おばちゃん/Trapezoid Lady)を書きましたが、ある程度の単語レベルになるまでは、市販の単語帳を使った方が、効率よく覚えることができます。また、大学受験とTOEICでは、異なったジャンルの単語が出題されますし、英語を勉強する目的によっても、単語帳をしっかり選んでいくことが重要です。そこで、今回は目的別におすすめの単語帳を紹介していきます

 

目的別のおすすめ単語帳

高校受験

僕は高校受験の時には塾に通っていましたが、塾で単語帳というものはやりませんでした。高校受験では必要な単語数がそんなに多くないので、どちらかというと、実際に長文などの問題演習を通して、その都度わからない単語をまとめていけば十分だと思います。ですが一応ここでは高校受験用のものも紹介します。

大学受験でも有名なターゲットシリーズの高校受験版ですね。無料音声がダウンロードできるので、移動中なども隙間時間で耳を使って覚えることができます。

こちらも収録語数はあまり変わりませんが、短文の中で覚えていく形式になっています。こういった単語帳のメリットとして、実際の文章の中で単語がどのように使われるのかをより実践的に覚えることができます。

 

大学受験

大学受験では単語を単体で勉強することは必須です。高校受験に比べて必要な単語数も圧倒的に増えます。また、学部などによって出題される問題のジャンルも異なってくるので、場合によってはより専門的な単語を覚える必要もあります。ここでは一般的にどの学部でも重要になってくる単語が載っている単語帳をあげていきます。

速単シリーズの必修編です。上級編もありますが、一般的な大学入試には必修編で十分でしょう。長文を読む中で、単語の実践的な使い方を覚えることができます。また、別売りのCDを使えば、リスニングの勉強にも活用できます。

シス単という呼び名でおなじみです。ミニマルフレーズという独自の方式で単語を覚えていきます。これは短文よりも更に短く、5単語ほどのまとまりで覚えるというものです。

 

TOEIC(トイック)

TOEICではビジネス関連の単語が多く出題されます。受験とは全く異なったジャンルなので、しっかり単語の勉強をしないと、難関大学出身者でもなかなか得点が伸びません。一つの目安として、700点以下の人は、まだまだ単語の勉強によって伸びる余地があるでしょう。

TOEIC受験者にはかなり評判の高いTEX加藤さんの金のフレーズですね。改訂されてから発音記号も表記されて、より使いやすくなっています。ただこの本は、収録単語数がコンパクトにまとまっている分、大学受験で、ある程度基礎ができている人向けです。

こちらもある程度の基礎力は必要ですが、金のフレーズに比べるとカバーしている単語数は広めです。その分、本の厚みは増すので、じっくり対策をとりたい人におすすめです。

 

英検

英検は級にもよりますが、TOEICよりも学術的な文章が出題されますTOEICよりは大学受験に近いといえるかもしれません。準二級以上を受ける人は単語帳を買って勉強した方がいいでしょう。また、英検の必要単語数は、級が上がるごとに指数関数的に増えて、一級ともなると15000単語ほど必要とされています。しっかり対策をとりましょう。

パス単は英検受験者には有名なシリーズです。どの級も一通り揃っているので、段階的に級を上げていこうと計画している人にもおすすめです。ただターゲットシリーズなどど同じで、単語が書き連ねられていて、少し単調な感はあります。

こちらは速単と同じく、文章の中で単語を覚えていく形式のものです。こういうコンセプトのものは英検対策本の中ではわりと少ない印象があります。

 

TOEFL(トイフル)

TOEFLとはTOEICと同じく世界共通の英語試験ですが、日本の企業などではあまり重要視されていません。ただ既に他の国ではTOEFLの方が重要視され、いずれ日本でもTOEICの価値が下がるとも言われています。また、一部大学院入試などでも活用されています。ちなみにTOEFL-IBTとTOEFL-ITPがあり、ITPは団体向けの試験で、IBTと違ってリスニングとスピーキングが無いなどの違いがあります。詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

http://www.recomtank.com/entry/toefl

こちらもTOEFL受験者には有名なオレンジの表紙の本です。収録単語数は3800と多めなので、じっくりやりたい人には向いていると思います。

こちらは収録単語数が2500ですが、上級編もあるのですべて合わせると5000でかなり多めですね。細かい点ですが、先程のオレンジの表紙のものに比べて本のサイズが小さいので、持ち運びには便利かもしれません。

IELTS(アイエルツ)

IELTSはあまり日本で使われることはない試験でしょう。海外で勤務する場合や、永住ビザを取るときに必要な場合があります。

IELTSは受験者が少ないために関連出版物も少なめです。この本はよくまとまっていて、Atsueigo(http://www.atsueigo.com)のアツさんも使っていたみたいです。

単語は終わらない

どの言語にも単語は無数に存在します。また、日々新しい単語も生まれます。しかし私たち日本人も、日常の中で使う単語がある程度限られているように、英語でも、際限なく単語を知らないといけないということは全くありません。目的に合わせて、その分野の単語を集中的に効率よく学習していくことが大切です

SafariでCSS(スタイルシート)を無効にする方法

有名企業のサイトなんかでCSSをオフにしてみると、HTMLの骨格が見えてとても勉強になります。SafariCSSを無効にするにはどうやってやるんだろうと思って、調べてまとめてみました。前置きが長いので急いでる人はSafariでCSSを無効にするにはからどうぞ。

Safariを使うまでの経緯

前まではChromeをバリバリ使ってたんですけど、来年にはMacWindowsなどでのChromeのサポートは終了するみたいです。(2016年8月の記事より)

http://news.mynavi.jp/news/2016/08/22/034/

 ってことで、MacユーザーなんでSafariを使おうと思って、とりあえずブックマークと履歴を移行しました。その時参考にしたのはこの記事。

http://blog.skeg.jp/archives/2016/07/bookmark-chrome-safari.html

まあこれ以外にもChromeで保存してた各サイトのパスワードとか、移したいものは色々残ってるんですけど、とても骨が折れる作業になりそうなので、その辺はとりあえず放置にしています。Automatorで自動化とかできそうだったらまた記事にしたいと思います。(パスワードの一覧をCSVファイルでエクスポートするとこまでは下の記事を参照していけました。ただリンク先にも書いてありますけど、ベータ版的な機能らしく、自己責任でってことみたいです)

http://bashalog.c-brains.jp/16/10/06-122524.php

 CSSを消したい

まだ全然なんですけど、いつか自分でHTMLとCSSとフルで書いてみたいと思ってて、それ関係の書式とか色々調べてた時に、”有名なサイトのCSSをオフにしてみると勉強になる”的なことを知ったんですよね。で、Chromeの時は、1クリックでオンとオフを切り替え出来るプラグインを入れてたんです。

f:id:daikeiobachan:20170224005556j:plain

これめっちゃ便利でした。常にタブにあるんで、いつでも気軽に変えられるんです。

 

同じことをSafariでもやりたいと、ということで以下まとめました。

 

SafariCSSを無効にするには

Safari→環境設定→詳細で「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェック

f:id:daikeiobachan:20170224011508j:plain

②メニューバーの「開発」から、「スタイルを無効にする」をチェック

f:id:daikeiobachan:20170224011707j:plain

これでSafariCSSが無効になる。他にも画像とかJavaScriptとかも無効にできる。

Yahooだとこんな感じ。有名なサイトって骨格がしっかりしてるっていうのがわかる。

 

いつものYahoo

f:id:daikeiobachan:20170224012534p:plain

CSSを無効にしたYahoo

f:id:daikeiobachan:20170224012536p:plain

 

HTMLの中身を見るには

ちなみに、HTMLの中身とかも色々見れる。

①「開発」メニューから「Webインスペクタを接続」にチェック

f:id:daikeiobachan:20170224012248j:plain

②画面の下に出てくる。見やすくするには左上の重なってるのをクリックする。

f:id:daikeiobachan:20170224012857j:plain

③「リソース」をクリックするとHTMLの中身が見れる。

f:id:daikeiobachan:20170224013024j:plain

 最近はWordPressとか色んなサービスのおかげで、詳しい知識がなくても簡単にブログなどを書くことができますが、HTMLやCSSなどの基本的な知識は持っていて損はないと思うので、是非活用してみてください。